住宅の建築工事を行う際は周辺への配慮を忘れないことが大切

Exif_JPEG_PICTURE

住宅密集地での建築工事は、さまざまな配慮をしないといけません。なぜなら、周囲には多くの人が暮らしているからです。

住宅街の真っ只中に住宅を新しく建てる場合、工事を行う側は周辺住民に対して十分な配慮が求められるといえるでしょう。工事を行えば、少なからず大きな音を出すことになります。金槌でトントンすることもあれば、ドリル音が鳴り響くこともあります。また、工事の指示をするために、人が大声で叫ぶこともあるでしょう。

これは工事のために必要不可欠なことではありますが、だからといって無遠慮で良いというわけではありません。

周辺住民に対して事前に工事の説明をしっかりと行っておく、騒音が鳴り響かないように防音シートをしっかり張り巡らせておく、できる限り騒音に配慮して工事を行うなど、配慮をしっかりしたうえで工事を進めなければいけません。そうしなければ、最悪の場合周辺住民からクレームを受けるかもしれないです。

そのような無用なトラブルを避けたければ、建築工事をする時に最大限の配慮をすることです。配慮していることさえわかれば、周辺住民も納得できます。都市部では住宅街の真っ只中で行われる建築工事が珍しくありませんが、配慮さえされていれば大きな問題にはならないでしょう。

Comments are closed.