相続のことで困ったら行政の法律相談を頼るのもあり

もしも相続に関することで誰かに相談したいことがあったら、自分が住んでいる街の行政に相談する手段がないかどうか調べてみるのも解決策の1つです。とても身近な問題だけに、行政がしっかりと相談の場を設けていることがあります。

たとえば法律相談と称し、市役所が法律相談の場を提供していることがあります。相談に乗ってくれるのは信頼できる弁護士などで、市役所が管轄する相談窓口ですから相談料を支払う必要もありません。市のサービスの一環として相談の場を設けているのですから、ちょっと気になることがあったらどうすれば良いのか法律相談の場を利用して解決策を探るのも悪くないです。あくまで簡易的な法律相談になりますので、本格的な相談には乗ってもらえないかもしれません。ただアドバイスしてもらえるだけでもだいぶ違いますし、相談することでどうすれば良いのかの道筋がおぼろげながらも見えてくるはずです。

相続のことはあまり知らないから相談すること自体が恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とも言います。せっかく行政が手助けしようとしているのですから遠慮なく相談し、相続についての悩みをきれいさっぱり解決したほうが自分のためになります。

Comments are closed.